ONIGIRI Funding Project24号
運用中

ONIGIRI Funding Project24号

応募率
205%
想定利回り(年利)
5%

募集金額
¥5,400,000

応募金総額
¥11,070,000

募集開始予定日
2023年12月8日

募集終了予定日
2023年12月11日

予定運用期間
365日間

本ファンド概要

ONIGIRI Fundingは不動産特定共同事業法に基づき、不動産を小口化し投資家の皆様と事業者で共同出資を行う、不動産クラウドファンディングサービスです。1口1万円から投資が可能となっております。今回のファンドは「ONIGIRI Funding Project24号」(以下、本ファンド)は横浜市西区に所在する空室区分マンションが対象となります。西区は面積が小さいものの、歴史もあり特長豊かな区となっており、鉄道を挟み北部、南部、みなとみらいエリアと別れております。本ファンドは発展著しいみなとみらいエリアにもアクセスが良いにも関わらず、昔ながらの落ち着いた雰囲気の住宅地にあり、各エリアのほぼ中心地にございます。本ファンドは匿名組合契約を締結し、優先出資割合90%、劣後出資割合10%での運用致します。また、本ファンドは、抽選方式を採用させて頂きます。

 

 

本ファンドの運用スケジュール

募集開始日:2023年12月8日(金) 18:30 ~ 2023年12月11日(月) 18:30
抽選結果通知日:2023年12月11日(月)
振込期日:2023年12月14日(木) 15:00
キャンセル待ち抽選結果確定:2023年12月14日(木)
キャンセル待ち振込期日:2023年12月17日(日) 15:00
予定運用期間:2023年12月18日~2024年12月16日(365日)
分配予定日・元本払戻予定日:2024年12月23日
※お申込は抽選方式とさせて頂きます。募集金額以上の応募があった場合はキャンセル待ちとして受付させて頂きます。
※ 抽選結果につきましてスケジュール記載日にメールにてご連絡させて頂きます。(当選者の方・キャンセル待ちの方)
※キャンセル待ち対象の投資家様の抽選結果フラグは変わらず募集中になっております。キャンセル待ち当選の方には上記日程にメールでお知らせ致します。
※落選の方にはキャンセル待ち振込期日後改めてメールにてお知らせいたします。

 

 

本ファンドスキーム

匿名組合契約を投資家の皆様と締結させて頂きます。 優先出資と劣後出資による出資金をもとに対象不動産の取得・運営を行います。配当金は売却益及び賃料収入です。 また投資家様の安全性を最大限に確保する為、「優先劣後方式」を採用しております。本ファンドの割合は優先出資者90%劣後出資者10%とさせて頂きます。
 
 
 
マーケット情報
▽所在地:神奈川県横浜市西区平沼1丁目

本ファンドのある西区は横浜市内のほぼ中央に位置し、面積は横浜市内の中で一番小さな区、人口も市内では一番少ない区となっております。しかし人口密度は高く昼間人口指数、事業所従事者数は市内TOPとなっており、商業・業務地域が集積しているエリアと言えます。本ファンドのあるエリアにはマンション建設などもあり居住ニーズも高くなおかつ生活利便の良いエリアかと思われます。また、西区に本社を置く企業も多くございます。

 

【西区本社企業一覧】

・日産自動車株式会社

・株式会社アルプス技研

・相鉄ホールディングス

・日本KFCホールディングス株式会社 他

 

 

 

▽周辺施設情報

本ファンドからすぐに大通りに出ることが出来、コンビニや飲食店、小規模店舗が軒を連ねております。また専門学校もあり学生需要もあるかと思われます。また横浜駅までは徒歩圏内です。ASOBUILD(アソビル:飲食店)を抜けるとみなみ東口が最短となります。
徒歩圏内でいける「横浜」駅には商業施設が多く立ち並んでおります。帷子川(かたびらがわ)は洪水浸水想定区域(想定最大規模)の本ファンドの対象の河川となっておりますが、都度災害に向け治水をおこなっている河川となっており、2019年の甚大な台風では浸水予測がありましたが被害はなかったと報告されております。帷子川水系河川整備計画はコチラから
 
 

▽交通アクセス:京急本線「戸部」駅徒歩6分、横浜市営地下鉄ブルーライン「高島町」駅徒歩7分、

相鉄線「平沼橋」駅徒歩7分、JR、私鉄各線「横浜」駅徒歩10分、みなとみらい線「新高島」駅徒歩12分

徒歩10分圏内に4線以上の各線を利用できる立地にございます。各線ともに横浜駅の隣駅となっており、交通の利便性の高さを感じます。アップダウンもなく自転車では2分ほどで横浜駅に行くことが可能です。

 
 

▽横浜市西区の住みやすさ

西区の人口に関しまして、2021年に一度落ち込みはあるものの上昇傾向にございます。また西区の人口の特徴として65歳以上の人口は19.5%(区内18区中17位)市全体の割合を見ても低い傾向にございます。本ファンドの前面道路の相続税路線価は年々上昇しております。要因としては戸部本町を中心に路線価の高いエリアはマンションを中心とした小規模住宅が多いエリアとなっており、本ファンド周辺でもマンション建設が現在も行われており需要の高さが伺えます。また1号線や首都高速道路〈みなとみらい料金所〉へのアクセスの良さなど公共交通機関以外でも利便性の高さを感じます。希望間取りに関しても本ファンドはマッチしております。

<出典:人口推移_横浜市政策局総務部統計情報課><出典:希望間取_LIFULL賃貸経営>

 
 

▽間取り図

14.53㎡(公簿)の1Kマンションです。現在空室となっており、軽微なクリーニング等を行い賃貸募集をいたします。
 
 

▽売買取引事例と賃貸事例<検索セグメント:本ファンドから1000m範囲内>※本ファンド価格は総募集額

 

 

シミュレーション

▽毀損シミュレーション

1.運用終了時点の売買価格毀損60万円の場合、劣後出資者から負担を行う為、優先出資者様の元本の毀損はございません。
2. 運用終了時点の売買価格毀損80万円の場合、劣後出資者から負担したのち、足りない20万円部分は優先出資者様の負担となります。その場合優先出資者様の元本の毀損が発生致します。
※上記に関しまして全てシミュレーションとなります。
※リスクにつきましては十分にご確認下さい。
 
 

▽想定シミュレーション

【類似成約事例対象Aの賃料で賃貸借契約を結んだ場合】

①年間想定収入:45,000円×12ヶ月  540,000円/年(総出資額600万円に対しての表面利回り:9.00%)

②年間想定支出:111,673円(内訳:火災保険料:2,555円 固定資産税:35,798円 管理費等:73,320円)

③年間想定ネット収入:(①-②)428,327円

④月間想定ネット収入:35,693円

 

【対象A:想定分配シミュレーション】
運用想定ネット収入:35,693円×8ヶ月=285,544円
運用想定ネット収入:20,370円×6ヶ月=214,158円
 

想定優先出資者分配金(予定運用利回り5.0%)270,000円/年

(優先出資額:5,400,000円)

 
 
各種書類

洪水ハザードマップはコチラから

高潮ハザードマップはコチラから

重要事項調査報告書はコチラから

管理規約はコチラから